砂山のパルフェ

おべんとうばこ

【GBA】ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者 前後編 クリア後の感想

最近少しずつゲームを再開するようになったので、今日はゲーム感想記事を書きます。本日はこちら。

 

ファミコンミニ ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者 前後編

名作と名高いファミコン探偵倶楽部シリーズ!Switch版リメイクが最近出ましたね。私が今回プレイしたのはGBA版です。とはいえファミコンミニシリーズなので、ディスクシステム版の移植です。「消えた後継者」と「うしろに立つ少女」の両方をクリアしたので、今日は一作目である「消えた後継者」の感想記事を書きます。

ネタバレにならない程度に感想を先にあげると、「消えた後継者」は犯人はわりと早くわかったけど、ミスリードにもひっかかりつつ、なかなか面白かったです。怖かったです。

「うしろに立つ少女」は腑に落ちませんでしたが、演出はよかったです。あまり怖くはなかったです。うしろに立つ少女は「ホラーだよ!」と言わんばかりである程度覚悟していたので……

 

私が特に書きたいのは「うしろに立つ少女」の疑問点なのですが……長くなりそうなので記事を分割してお送りします。

 

以下ネタバレ記事です。プレイ済みの方のみどうぞ。

 

続きを読む

子供の頃に遊んだゲームたち

sunayama-box.hateblo.jp

先日の記事にたくさんの反響をいただきありがとうございました。普段はなんてことないことを書いているブログですが、突然アクセス数が1日100件以上増えててなんだなんだと思ったら、はてなブログの編集部オススメにピックアップしていただいておりました。ゲームの趣味って自分の核のようなものなので、多くの人に知られてしまったのはなんだかこそばゆいです。でも喜んでくれる人たちがいてくださってなによりです。サガフロンティア2はいいぞ。ディディーコングレーシングは早く移植してほしいですね。

 

記事を上げた後に「そういえばたくさん遊んだのに書きそびれたなあ」というタイトルがちらほら浮かんだので、これもまとめておこうかなと思います。ベタなタイトルが多めになりました。

 

 

たくさん遊んだゲームたち

■ 俺の料理(PS)

飲食店運営シミュレーション・アクションゲーム。

PSのソフトだと起動した回数は一番多いかもしれない。料理のミニゲームをこなしてお店を切り盛りしていくゲームです。商人放浪記の広告を見ると思い出します。ハンバーグの空気を抜いてる途中で落としたり、ビールをだばだばにこぼしたり、ゴという文字を駆除したりします。たしか文字じゃない画像も選べたような、どうだっけ。選ぶメリットないですけど。適当な調理してるとお客さんに「店を畳め!」と言われたりします。難易度が上がるとめちゃめちゃマルチタスクを要求されます。やっぱワンオペってクソだわ。

料理とは別で収録されたミニゲームがなかなか面白くて、ボート漕ぎとか風船空気入れとか好きでした。カニリモコン*はよくわかりませんがときどきやりました。

*カニリモコン……デュアルショックカニに見立てて、振動機能を使ってデュアルショックをリモコン操作するミニゲーム。何の意味もないクソゲ―。

 

■ ハロー!パックマンSFC

ドットイートじゃないパックマン。リアクションがコミカルで楽しい。

今日Switchつけたらお知らせ欄にパックマンがいたので思い出しました。私このゲーム狂ったようにやってました。公園で頭をトンカチで叩きながらへべれけな顔をして歩き回るパックマンが見たくて遊んでました。

パックマンを操作して街を探索するのですが、行動できる範囲が結構ボリュームがあり、道中ではトロッコゲームやハンググライダーなどなかなかシビアな要素もありで、なかなか苦戦したゲームです。エンディングはなんとなく覚えているのでクリアはしたと思う。たぶん。

何気にグラフィックもすごく良くて、海外の街並みを観光する気分も味わえます。いやほんと、これ面白いんですよ。

 

Switch版どんなゲームかな~と公式サイト見た感じ、わりと上品っぽい。私はもっと下品な表情をするパックマンが好きです。

 

■ タイニートゥーンアドベンチャーズSFC

バッグス・バニー……じゃなくて、バスター・バニー主役のタイニートゥーンの2D横スク・アクションゲーム。私のルーニー・トゥーンズ好きはここからだったんですねえ。

歩いてジャンプしてキックで攻撃して、とまあよくある2D横スクロールのアクションゲームなのですが、バスターの挙動で最大の特徴はダッシュです。超高速で走ったり、壁を蹴ったりして障害物を乗り越えていきます。ソニックやったことないんですけどそんな感じなんですかね。

印象的なのは列車マップ。強制スクロール&落ちる足場は子供にはきつい!正直今やってもきつい。乗り越えたときはひとしおです。このゲームの影響でロックマンゼロの挙動を好きになったのだと思います。かなりおすすめです。でもミニゲームはいらないかな……

 

■ SIMPLE DSシリーズ Vol.27 THE 密室からの脱出 ~THE推理番外編~(DS)

安くてボリュームたっぷり・やりごたえ満点。遺跡のパズルがよくわからん。

名前の通り、THE推理シリーズの番外編らしいのですが単独で遊べる脱出ゲームです。殺人事件の現場だったりトイレだったり謎の遺跡だったり最後は……秘密!いやこのゲームの最終ステージはかなりトラウマです。

このお値段でかなり、いやすごくボリュームがあるので楽しめます。探索・推理ゲーム好きな方にはぜひおすすめしたい作品です。2もあるよ!

密室シリーズはWiiUで買えるので、興味があればぜひ買ってみてください。

www.nintendo.co.jp

3DSでパッケージ版が出てるみたいですが、こっちは3DSダウンロードソフトの入門5作品らしいです。作品数で言えばDS版のほうがずっとずっと多いです。3DSのダウンロード版は1回しか買わなかったな……(びんぼうなので)

 

パネルでポンSFC・DS)

入れ替えて消すタイプのパズルゲーム。頭脳と反射神経が勝利のカギ。

大抵のパズルゲームは先を見据えて組んでいくものですが、パネポンアクティブ連鎖で反射神経が求められる部分もあるので、ぷよぷよが苦手な人でも遊びやすいと思います。私はテトリスブラック*とか好きだったので、割と向いていたと思います。(でもWAISの結果では知覚推理が高くて処理速度遅いんだよなあ)

*テトリスブラック……ガラケーのアプリとして収録されていたもの。最初から超高速で落ちてくるので、反射神経が非常に重要。たしかauのPLYに収録されていたような気がします。

シナリオモード、対人戦も楽しいのですが、パズルが難易度高くて面白いです。私はフレアのステージまでしかクリアしていない気がします。パズルができるようになると自然と対人戦も強くなる……ような気がするので、ぜひ遊んでみてください。スイッチオンラインで遊べます。

 

DS版は学生のときめちゃめちゃ遊んでました。もちろんリップも出しました。

DS版のインターネット対戦は本当に面白かった。お互いに10何連鎖して潰しあって、世の中には本当にうまい人がいるなあー!とワクワクしましたね。サービスが終わるちょっと前まで、対戦もぐりこんでました。対戦ありがとうございました。

 

星のカービィ 夢の泉の物語(FC)

これはもう伝説のソフトですよね。ファミリーコンピュータ末期、そのグラフィックの美麗さは現代でも通用するレベル。ステージ構成、ギミック、ボスの個性、演出、音楽、どれをとっても非の打ち所がない、カービィ初期の傑作だと思います。難易度もほどよいです。よく出来すぎていて語るまでもなかった……

GBAフラグシップ製のリメイクが出ているのですが、正直なところFC版のほうが魅力的だと個人的には思います。GBA版もよくできていたのですけれど、やっぱり回らないバタービルディングは物足りなかった。そして全体的に色が際立って見えます。FC版は限られた色調だからこそゲームの雰囲気にまとまりが出たのかもしれません。夢の泉という名前の幻想感と、ファミコンの特性が見事に合致したのかな、と思います。

 

カービィボウルSFC

カービィボウル

カービィボウル

  • ノーブランド品
Amazon

いやもう本当に何度このゲームで怒ったかわかりません。対戦のUFOは禁止です!禁止!!

カービィがボール状になるタイプの作品は何気に名作ぞろいです。ブロックボール、ピンボールコロコロカービィ……コロコロカービィね……あれは……しんどいよね……

カービィボウルはゴルフゲームです。対戦は、より多くの点数を取ってカップインした人が勝ち。ソロは、より少ない打数でカップインしてハイスコアを目指してゆく。ホールインワンできるともう私天才って気分になれます。

対戦時はコピー能力で相手に嫌がらせをしまくれるので、リアルファイトに発展する可能性が高いゲームです。非常に性格が出ます。

1人プレイモード、結構難易度高くて私はほとんど銅~よくて銀メダルなのですが、兄は全ステージ金メダルでした。やだ、こわい……

 

ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ・・・(GBC

ドラクエⅢって結局GBC版が一番よかったんじゃないかな。SFC版やってないのでなんとも言えないのですが、GBC版にはモンスターメダルあるし。追加ダンジョン(氷の洞窟)もあるし。というわけで私はこのGBC版のドラクエⅢが移植なりリメイクなりされるのを期待してるのですが、どうでしょうね。今配信してるものはすごろくもないそうですし……

ドラクエはまあまあ好きな割に案外やってないんですが、一番好きなのはⅦです。クリアしてないんですけどね。転職解禁されて進まなくなってしまったんですよね……そのうちやらなくちゃなあ。プレイ時間が単純に長いのはⅩですね。延々とバザックスを狩っていて、虚無になってやめました。オンラインゲームは苦手です。人とすれ違うの怖いんだ……ソロサーバーにいても住宅村ではあいさつされてしまうのでビクビクしながら行動していました。

 

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ園児(SFC

「よくきけよ このゲームはしっぱいすると のこりの しんのすけのかずが ひとりへるんだ」

クレしんはこれと、2の大魔王の逆襲を持っていました。2のほうがゲームとしてはバランスいいかなーと思うのですが、こちらもなかなかクセになる楽しさがあります。基本的にはしんちゃんを操作してお店などに入って情報収集しつつ、ゴールを目指すシンプルな2Dアクションなのですが、ですが……

ミニゲームが難しすぎるよお!!

よしなが先生強すぎだろ 組長先生ふざけんなよ

よしなが先生とは旗あげ対決をするのですが、まあこの先生が反応が速い速い。ガチじゃん!刹那の見切りかよ!!

組長先生とはいわゆるスライドパズルで勝負をするのですが、子供はセイカのスライドパズルとか好きじゃん!余裕じゃんって思うじゃん!4:4のパズルとか余裕って思うじゃん!5分もあるんだし余裕って思うじゃん!!全然余裕ないんだこれが。

「さあ パズルをならべかえるからね よーくみておくんですよ ホラホラ」

クッソ……。エンディング見るの、意外と大変なゲームです。

 

名探偵コナン 魔術師の挑戦状!(WS)

謎解き・ミステリ好きのルーツはこれかもしれない。

ワンダースワンです!持ってました。横でも縦でも使えるというハードの特徴を活かした良ゲーだったと思います。ただ、シナリオは全く覚えていません。(根本的にコナンに特段思い入れがなかった)

探偵ものなのでもちろん推理をしていくゲームなのですが、推理するためのツール『マルバツール』が面白いんです。人名とキーワードを用いてピクロスのような表が用意されており、〇×をつけていくことで正解が見えてくる消去法的推理を行います。パズルで楽しみながら推理ができるので、ミステリ初心者でもハードルが低く、親しみやすいつくりになっています。情報収集して整理するという探偵ものの基本を養えるゲームなので、小さい頃に遊んでいると色々と視野が広がるかもしれませんね。

最近のコナン君はよくわかりませんが昔の再放送やってるとついつい見てしまいます。面白いですよね。昔は金田一とコナンがゴールデンタイムで贅沢だったな……

 

ちなみに、WSは魔界塔士Sa・Gaのリメイクとスワンクリスタルがほしいのですが、わりと今もいいお値段で取引されているので手を出せず……買おうと思えば買えない値段ではないんですけどね。どうせならバックライト改造されたやつとか……いいですよねえ。Switchでサルベージされませんかね……

 

グラディウスⅢ(SFC

グラディウス3

グラディウス3

  • ノーブランド品
Amazon

曲がいい!!!!ウェポンセレクトたのしい!!!!

これみんな持ってるやつ。我が家には2個あったので(数年前に中古屋で買い足した)ひとつは知り合いに配りました。

子供の頃はとにかく被弾しまくってたので、フォースフィールド+リップルレーザーが正義でした。今はリデュース+ツインレーザー派です。フォースフィールドは罠。でもなんだかんだバルカンのダブルが良かったりもするよね。レーザーが罠だった。

本家AC版グラディウスⅢもPS版・PSP版が家にありますが、まあもちろん私には……できないので……無理なので……。そんな私にもクリアができるように易しく調整されているので、自分に自信がつくSTGですね。私でもクリアできる(リデュース+ツインレーザーなら)ってなかなかの易しさです。処理落ちも相まって、クリアしやすさに拍車をかけています。

グラディウスといえば、外伝のジェイドナイトのラウンドレーザーいいですよね。ずるいです。他の機体でも使わせてください。まあクリアできないんですけどね!

 

■ SUPER R-TYPESFC

「だが これは あくまでも くんれん であり……」

もちろんこっちも持ってたよなあ!私はキッズモードしかクリアできないぜ!!

とっても難しいあのR-TYPEⅡの家庭用リメイク版。家庭用で発売するにあたって色々調整されたりカットされたりしているので、まあSFCのグラⅢをクリアした私ならできるだろ!と調子に乗ったらまあ……そうね……ダメだったね……

グラディウスに慣れてしまうと、自分の周囲を守って攻撃してくれるオプションがない(代わりに自由に切り離せるフォースと、上下固定のビットがある)し、フォースフィールド(耐久3発)もないから1発被弾でアウトだし、やだもう!やだもう!難しいじゃん!でもなぜだか惹かれるものがある。

フォースを前後に着脱して攻略していくパズル的な要素と、機体は絶対に被弾してはいけないけれどフォースはいくらでも被弾していいというスリル。3面の巨大戦艦ステージでは「こ、後退するのかあ~~!!」と驚きましたね。あと、コツをつかめばボスを簡単に撃破できる場面(主にドプ……)もあって、そんなところも面白いなあと。やりがいのあるSTGだなあと思います。やりがい感じられるレベルに達してないぜ!

 

ちなみにPCエンジン版のR-TYPEWiiUで配信してたので買ったのですが、私は提督(コンバイラ)に負けました。無理でした。もうやりたくない。っていうかその先のステージも本当にやりたくない。

SUPERの機体はR-9Kサンデーストライクだよ。R-9Cウォーヘッドじゃないよ。やさしいね。

 

ハローキティワールド(FC)

バルーンファイトまんまらしい。

たぶん女の子のいる家にはよくあったゲームなんじゃないかなあと。昔のゲームは女の子向け少なかったですからね。我が家のラインナップもグラディウスしかり戦場の狼しかりで、女の子が遊びそうなゲームはこれくらいしかありませんでした。もうあとはマリオとかぷよぷよとか。

元々携帯機のGBで作られていた、バルーンファイトのベースになったソフトを据え置き機のFCで作り直したものらしく、そのせいか画面がまあ広い。そのおかげで操作はわりと思うままに、焦らず動かせる……ような感じはするんですがね。なんか妙に難しいんですよねこれ。私たぶんクジラステージ(2面)以上行ったことないと思うんですよ。大人になった今やればできるのかな。

ただ、FCはRFケーブルを使わないといけないので、現在のテレビモニタでは遊べないんですよね。ううんもったいない。昔のテレビは可愛げがあった……無駄にカラー調整とかしましたよね。しませんでした?ツマミをじり……じり……と……。ううん、昭和~平成の過渡期。私は平成初期生まれです。

 

マッピーランド(FC)

マッピーが横スクのアクションゲームになったぞ!

まずマッピー自体が良ゲーですよね。単純だけど他に見ないオリジナリティのあるゲームで、こちらも夢中で遊びました。ただ、やりこんでいくとかなり難易度が高くなるゲームで……続編のマッピーランドもまた……2周目以降のつらいこと……これ4周でクリアらしいですね。クリアしたことないよお……

前作同様トランポリンを活用しつつ、アイテムを回収してゴールを目指していきます。今作はジャンプができるようになったり、風船で空を飛んだり、蔦にしがみついたり(私はこれがとても苦手です)アクションセンスが必要になってきます。いや前作もそうなのですが。前作はシンプルな操作だからこそ難しく、今作は多彩なことができるからこそ難しく調整されているなと思います。結構好き好き別れそうですね。マッピーのあのシンプルさが好きなんだ!という人には案外向かないこともあるかもしれません。マリオブラザーズ3とか好きな人はランドも好きなんじゃないでしょうか。マリオ3は面白いですよね。クリアしてないけど……。私クリアしたソフト少なすぎないか??

 

ファミコンジャンプⅡ 最強の7人(FC)

なんか縦にでかいソフト。これ容量が大きいんでしょうか?ゲームカセットの引き出しでひときわ目立っていたのがこのソフトでした。

私は実はジャンプを買ったことがない人間で、親しみがあるキャラクターと言えば悟空と両さんくらいだったので(タルるートは後々少し読みました)大抵両さんでプレイしてました。ゲーム内ではターちゃんが割と好きでした。

基本的にはドラクエっぽい雰囲気ですが戦闘システムはコンバット系で、これが結構面白いです。普通のRPGより戦略的で、キャラゲーにしてはなかなかマニアックな部類かなと。ぼやぼやしてるとフエルスライムが増殖しまくるんだ……

道中ではドラゴンボールを集めることで仲間を強化することができます。ここで移動力を早めに強化したいところ。ドラゴンボール探しに夢中になってシナリオが進まなくなったり……私はカリン塔までしか記憶が……

 

と、私はドラゴンボールは読んでたのでピラフマシンやカリン様が出てきて楽しめたのですが、他のキャラクターは原作要素はほとんどなかったんじゃないかなあ。最初の街には原作キャラがいるんですけど、わりとそれっきりだったような。キャラゲーのはずなんですが、普通にRPGとして楽しむ面のほうが大きい気がするので、悟空以外で「このキャラが好きだから」と買った人は、「う~ん?」となるかもしれません。

 

川のぬし釣り2(SFC

川のぬし釣り2

川のぬし釣り2

  • パック・イン・ビデオ
Amazon

日常生活のように遊んだソフト。このゲームをしている間は本当に没入感があって、自然っていいなあ。昔っていいなあ……。と、ノスタルジーに浸れます。

私は妹なので、主人公はいつも妹の京子を選んでいました。京子のぬしは白いタナゴ!生息してる場所はわかってるんです。高いタナゴ竿も買いました。

 

釣れないなあ……

 

結局一度も釣ることなく、ひたすらスローライフを送るゲームと化していました。検索してみたら白いタナゴは条件なしらしいので、ちゃんと道具とエサが適していれば釣れるはずなんでしょうけど……

釣りモードのグラフィックが美しく、淡水魚の生息域に自然と詳しくなれるこのソフト。釣り好きの方にとてもおすすめです。釣り以外でも、動物にエサをあげることができて癒される(と思ったら攻撃されたりする)ゲームです。操作方法自体は簡単なので、小さなお子さんでも楽しく遊べますよ。問題はプレイ手段が実機しかないことだ……

ぬし釣り64

ぬし釣り64

  • パック・イン・ビデオ
Amazon

ぬし釣り64もオススメ。なんと64版では生態系レポート機能がついた。同じ虫ばかり捕まえていると絶滅するぞ!!あと虫を素手で捕まえるシーンがなかなかリアルなので苦手な人にはオススメしない。でも本当に楽しい。ただ私は3Dより2Dゲームのほうが好きなほうなのでSFC版がイチオシです。

 

■ つり太郎(SFC

つり太郎

つり太郎

  • パック・イン・ビデオ
Amazon

ぬし釣りシリーズと同じ開発。難易度高め。

まず設定が重い。たしか、病気の妹を助けるために川のぬしを釣りに行くぞ……という話なのだけれど、歩き続けると主人公が死ぬ。妹死ぬじゃん……

川のぬし釣りではマップ上の水辺で気楽に釣りができましたが、本作はまず釣り場を目指してフィールドを移動し、その過程で迷子になると死にます。まあこれは少し前に戻されるだけのペナルティで済みますが、なかなかストレスです。そして釣り場に到着すると釣りバトルが始まるわけですが、釣りに失敗し続けると死にます。ほぼほぼ最初からやり直しになります。クソゲ―。

それでも妙にクセになるのが今作で、SFCでありながら超美麗なグラフィックと、魚によって釣りのコツが異なるこだわり、謎に気合の入ったBGM……一見の価値があるソフトだと思います。私はテナガエビでてんやわんやするようなザコですが、面白いのは事実なので中古屋で見かけたらぜひ買ってみてください。

 

マッハライダー(FC)

つり太郎でいい感じにオチがついたな……と思って記事を上げた後に思い出した。これ狂ったようにやってたな。特にエディット機能が楽しくて、自作ステージでめちゃくちゃなの作ったり、淡々としたマップを作ったり。

世の中はエキサイトバイク派が多いと思いますが私はマッハライダーだったんですよね。それしかなかっただけなんですけど、やっぱり正面向きのレースゲームでのカーブのスリルはたまらないですね。あと曲が好きです。大破するときのモーションが面白いです。

まだスイッチオンライン来てないし、WiiUで買っとこうかなあ……

 

ロードランナー(FC)

マッハライダーで思い出した。ミッ!ミッ!じゃないほうのロードランナー

ファミコンでちょっと遊びたいときによく遊んでました。これもマッハライダー同様にエディット機能があるので好き放題遊んでましたね。シンプルながらなかなかシビアにできていて、いくつになっても楽しめるゲームだと思います。やっぱりシンプルなゲームっていいですよね。

 

マリオペイントSFC

そうだ、これ小学生の頃ほとんど毎日やってた……

専用マウスとマウスパッドはまだ家のどこかにあるはず。ゲームで絵が描けるってすごくないですか!?と、お絵描きはもちろんなのですが、このゲーム楽譜をつくることもできて、私はそっちのほうにかなりハマっていました。アッフンをやたらと多用して。

デフォルトの絵に塗り絵しても楽しいし、ドット絵を作っても楽しいし、ハエたたき……はあんまりやらなかったですけど。私の「楽しい!」がたくさん詰まったゲームでしたね。これ誰が買ってくれたんだろう?なんだかんだ一番プレイ時間長いゲームかもしれません。

後々マウスお絵描きでMAD動画を投稿したり(今はもう削除していますが)MIDIをやってみたり、ドット絵をガラケーでポチポチ作成したり……後々にたくさん影響を与えたゲームですね。なんで忘れてたんだろう。思い出せてよかった。人生でもかなり楽しい時間を過ごせたゲームです。開発してくれてありがとうございます。

 

ここからハドソンのターン

■ サターンボンバーマン(SS)

セガサターンだあああああああ

正直セガサターンはほとんど遊んでなかった。あとはナイツくらいしかやってなかったんですが、ボンバーマンはたくさん遊びましたね。まあ普通にボンバーマンなんですが、シンプルだけに遊ぶ回数は多かったです。(他にやるゲームがなかっただけでは?)

 

ボンバーマンビーダマン(SFC

コロコロ読んでたらボンバーマン好きよねえ。

むさボンが好きでした。ビーダマンの漫画は読んでなかったのですが、ゲームはよくやっていましたね。たしか爆弾を連鎖させていくパズルチックな楽しいゲームでした。あんまり覚えてないんですが、よく遊んでいたゲームです。

 

■ ロボットポンコッツ 太陽バージョン(GBC

そう私はボンボン読者でもありました……

めっちゃ電池切れるんですよねこのゲーム。なんだっけ?ゲーム内時計とかあったっけ?リモコンシャワーのせい?結構早い段階で電池切れになってしまって、またやってみようかなーと思い出すたびに最初からプレイです。

ポケモンを意識してるんだろうなーと思いますが、結構独特なので差別化は十分できていたと思うんですよね。ちょっとお下品だったりもしますが小学生はそういうの好きでしょ!それを思うとポケモンって本当にクリーンですよね。きんのたまおじさんとかいるけど……

RPGとして十分おもしろくてやりごたえも結構あるので、報われてほしいタイトルです。ハドソン……

 

=====

 

今回も結構書きましたね!中盤からはわりと有名なソフトが多かったのであまり面白くなかったかもしれませんが、再プレイや購入のきっかけになったらうれしいです。

……私がPSあんまり遊んでないのがバレてしまったな!なんかあんまり縁がないんですよね。

 

paiza特別お題キャンペーン「私がハマったゲームたち」

paiza×はてなブログ特別お題キャンペーン「私がハマったゲームたち」「ゲームでプログラミング力を試してみよう」
by paiza


スーパー原人2入れ忘れた……

好きなゲーム・漫画・アニメの話(主にゲーム)

職業が本屋なので「今面白い漫画は?」と聞かれる機会が多いのですが、私は自分が興味があるもの以外まったく興味を持たない人間なので、なかなかオススメができないんですよね。そんなこんなでのらりくらりと10年以上やり過ごしてきました。

そんな私も根はオタクなので、ゲーム・漫画・アニメの分野では思い入れの強い作品というのはあります。それぞれご紹介……と思ったのですが、ゲームだけですごいボリュームになってしまいましたので、ゲームだけご紹介します。漫画とアニメはとりあえず一言コメントと商品リンクだけ貼っておきます。9000文字超えちゃったよ。

 

 

<お気に入りのゲーム>

サガフロンティア2

「知性って言葉の意味……… あんたわかるかい?」

一番好きなゲームはって聞かれたら答えるのがこれ。音楽・グラフィック・シナリオ・キャラクターの人物像づくり、どれを取っても本当に秀逸。こればかりはリマスターじゃなくて移植してほしい作品。ミンサガが先にリマスター決定したのは社内でもグラフィックどうするか決めかねているのかなーという気がするくらいグラフィックが特徴的。

兄弟再開のBGMが好きです。あと、プルミエールの旅立ち回想シーンはとても印象的。ケルヴィンが好きです。ロマサガサガフロ1の流れでプレイしてきたプレイヤーにとってはかなり毛色が変わったので不評かもしれないですが、単体のゲームとして評価してほしい作品ですね。

気が付くとクソ長文書いてたので消しました。もっとシンプルに行こうと思います。

最終パーティー全員載せようかと思ったけど、ネタバレになるからプルミだけ載せときます。氷の槍……? レアドロはハードロックとロブスターメイルくらいでした。

コンバットいいよね。

 

www.fukkan.com

パーフェクトワークスの復刊リクエスト投票、プレイヤーの皆様はぜひ……

 

ファイアーエムブレム 聖魔の光石

WiiU持ってる人はFEのGBA三作は買ってほしい~~ぜひ。販売終了したら実機しかない。

最初は聖魔がいいと思う。烈火でもいいけど、烈火やった後に聖魔はがっかりすると思う。難易度低めでボリューム薄いからね。GCの蒼炎の片手間で作ってたらしい。

言い換えれば、その分初心者でも遊びやすいのが聖魔のいいところです。主人公が強いしお助けユニットも強いので、詰まるということはそうないんじゃないかなと思います。とても遊びやすいファイアーエムブレムです。

主人公二人とリオンの関係性は、ベタかもしれませんが引き込まれるものがあります。本当にどこで間違えたんだろうね……2ルートともぜひクリアして真相を確認してみてください。

 

ちなみに私は『紋章の謎』も好きなのですが、YouTubeで『ファイアーエムブレムヒーローズ』の狼騎士団縛りプレイを乗せています。オレルアンズはつよいぞ!


www.youtube.com


www.youtube.com

騎馬で移動制限マップは燃える

 

ロックマンゼロ4

3が人気だと思いますが、私は4が好きです。なんといっても、Dr.バイルが好きなので……「これでもワシは人間なのだよ」

アクションゲームは不得意なので、DS版で実装されたイージーシナリオモードくらいの甘々調整版じゃないと私にはとてもクリアできません。でも本当に動かしていて気持ちのいいゲームです。サイバーエルフで好みの強化ができる点と、ゼロ自身の性能が高いおかげで本家ロックマンよりプレイはしやすいと思います。

山田一法さんの音楽もめちゃめちゃいい。おすすめ。

 

ロックマンエグゼ2

ストーリーがわりと子供向けじゃない気がするエグゼシリーズ。

いきなり2やって、ロックマンの衝撃の事実に「は!?」ってなった小学生です。シリーズものは順番通りやろうね。当時周囲にエグゼをやってる女子なんていなかったので、男子がエグゼの話をしているのが本当にうらやましかった。

2はシンプルなのが肌に合います。自分の戦ってきたスタイルで性能が変化するってめちゃめちゃテンション上がる。私はシールドかカスタムでした。

2が好きなので、2のナビが多く登場する5のカーネル版も好きです。ナパームマン人に飼われてるのかわいいね。5はリベレートミッション楽しかったなあ。

 

R-TYPE FINAL

「夏の夕暮れ やさしく迎えてくれるのは 海鳥達だけなのか?」

―回収されたボイスレコーダーより―

シューティングゲームではじめて「戦っているんだ」という臨場感を味わった作品。そもそもSTGグラディウスR-TYPE斑鳩くらいしかやってないので見識が狭いのですが。

都市ステージが好きです。デルタの都市ステージは「カッコいい!」印象が強いのですが、FINALの都市は「今上空に戦艦がいる……」という、街の人々の息遣いが聞こえてくるような絵作りが秀逸で印象的でした。処理落ちが演出っぽくも見えるのですね。

シューティングといえば「戦闘機に乗って宇宙の敵を倒すぞー!」のイメージでしたが、もっと現実味をおびたものを感じましたね。

TACTICSもやっているのですが、1のバイド編を進めている途中でお休みしてます。時間とってプレイしたいんですけど、ゲームがね最近本当にぜんぜんできないんですよ……FINAL2もぜんぜんやれてないです。

 

アンリミテッド:サガ

やあ、僕はキャッシュ。僕と一緒に冒険をしよう!

ジュディ編・ヴェント編・ローラ編(犬ルーラー)・キャッシュ編(ジーンムーア)をクリアしています。マイス編でファロスの地下迷宮に行きたくなくてやめました。

たまにロマサガをやると思うのですが、私は技選択をするのがすごく面倒だなあと感じる人間で(わりにサガフロ2は好きなのだけれど)アンサガのリールシステムは画期的だなあと思うのですよね。目押しに慣れてしまえば戦闘がノーストレスなので、気が付くと何時間もプレイしてしまう中毒性のあるゲームです。クライド、お前は禁呪の力に踊らされているのだ……

ただ、解体真書アンサガWikiがないとプレイするの難しいので、今後リマスターされる際にはゲーム内辞書とか搭載してくれたらいいなあと思っています。主に鍛冶屋周りのことを……

重量が肝心。

 

逆転裁判3

123はぶっ続けでやってほしい。個人的には冥ちゃんが好きなので2を推したいところですが、やっぱり3がすごいと思う。いや123の流れがすごいと思う。でも正直サイコ・ロックはめんどくさいし、3のトリックはかなりギリギリだとは思う。

探偵ものなのでここではなにも言及しないほうがいいな!安いからぜひ遊んでほしい。カプコンはよくセールやるので、セール情報をチェックして買ってください。

スピンオフの逆転検事もいいぞ!!

遊んだのがギリギリ10代の頃だったので、「法学っていいなー」と憧れを持ちました。もう少し早く遊んでいたら、将来は検察になるぞー!と思って勉強していたのかも。弁護士は私の性格では無理な気がする。他人なんて信じられねーよ!どっちにしろ頭が足りないと思うけど。

 

MOTHER3

WiiU持ってる人は買っといたほうがいい。販売終了したら実機しかない。

MOTHERは実はここ数年でやっと全作クリアしました。

どれが好きかと言えば初代なのですが、影響を強く受けたのは3です。2はあんまり好きじゃないです。あれは陽キャの物語なので……そうです3は陰キャ向けなのです。

前述したロックマンゼロのDr.バイルに似たものを感じるんですよね。私はああいうのが好きっぽいです。本当に間違っていたのは誰だったんだろう?そんなことを考えさせられるゲームです。彼の今の姿は因果応報なのかな?きっとそうなんだろうな。社会的には……

一番心をえぐられたのはニューヨクバ戦後でした。しょっぱなから相当心えぐられましたけどね……終盤はもはや心が死んでた気がします。大人になるってこういうこと……

 

星のカービィ3

水彩画タッチが特徴的な、星のカービィナンバリング作。

スパデラ直後だったので若干影が薄いところがある本作ですが、星のカービィ2の正統派続編で収集要素バッチリ。私はこういうちょっとした謎解きがあるゲームが好きなんですよね。スパデラで好きなのも洞窟大作戦ですし(最近は手軽に遊べるメタ逆が好きですが)鏡の大迷宮も好きですし。なおカービィ2は100%にしていません……

グーイがね!プレイアブルになったのがいいですよね!

私は兄弟で一緒に遊んでいたので、よくグーイになっていました。スパデラではワドルドゥが好きです。ディじゃなくて、ドゥのほう。お目目がぱっちり!

タッチ!カービィでとうとうワドルドゥが主役になれたのがうれしかったですね。タッチ!のミニゲームは面白かったですね。クラッコの脱衣ゲームとかね。かわいかったですね。

 

■ 超魔界大戦!どらぼっちゃん

子供でも楽しく遊べる俯瞰視点の2Dアクションゲーム。

これはめちゃめちゃ遊びましたね。スーパーワギャンランドと往復して遊びましたね(私はワギャンは不得意でした)2Dゼルダとか聖剣伝説とかそういう感じですね。ゼルダは木の実時空の章を今やりかけで投げてますね……雲のボスがだるくてマジでキレそうになりました。

どらぼっちゃんは主に飛び道具で攻撃する場面が多いですし、カードで回復などの補助がたくさんできるので、アクションが苦手でも快適にプレイできるんですよね。ボスの耐久力も低めなので、集中力がなくても気楽に遊べるのがよいところです。キャラクターもかわいらしいですし。ひつじさんとかにんにくんとかかわいいですね。コワルもかわいらしいです。アクションゲームやりたいなーと思ったときにストレスなく遊べる良ゲーだと思います。配信してくれないかなあ。

 

ディディーコングレーシング

配信してくれないかなあ!!

当時マリオカート64が大人気でもちろん我が家にもあったのですが、どちらかというと私はディディーのほうが好きでした。ディディーコングレーシングには飛行機があるんですよ!水上ホバーもありますけどホバーは嫌いですよ私は。なんだあのタコ!?

本作は各ステージのボスを2回倒さねばならんのですが、その2回目がマジで速い。堂々とフライングしやがる。ふざけんな!!と思いつつも、やりこめばちゃんと勝てるように調整されてるんですよね。恐ろしいゲームだ……!

各ステージに配置されたコインを収集するシルバーコインチャレンジモードなどもあり、やりこみプレイしだすと相当な時間を要するはずです。私は……まあ……できませんよそんなの……

マリオカートのようにアイテム妨害もありますが、どちらかというとスピード勝負なところがあるレースゲームです。攻撃アイテムは対ボスくらいしか使わないしなあ。スピード狂にオススメ。

 

バンジョーとカズーイの大冒険

スイッチオンライン配信おめでとう!!!!!!

スマブラ参戦したとき海外勢同様のテンションになりました。

レア社開発の3Dアクションゲームで、要するにマリオ64のような箱庭3D、というかドンキーコング64です。ドンキー64のプロトタイプなんだよな。ただ、カメラがドンキーよりなかなかクセがある。というかドンキー64がすごすぎる。レア社の技術は本当にすごい……

そしてなによりバンジョーがクッソクッソ……クッソ弱い……終始カズーイにエッホエッホと運んでもらうクサいクマ。もうお前いらなくねえ?カズーイとカズーイの大冒険じゃね?というくらいバンジョーとカズーイの性能差が激しい。バンジョーが役に立つシーンってカズーイとの人脈があることくらいじゃね?言い過ぎ?

本作は収集要素がエグいです。スイッチオンラインの64プランで遊べるので加入している人はぜひ触ってみてください。グラちゃんに会えるかな?私は……まあ……そうね……

 

スターフォックス64

や~~~~っぱ64なんだよなあ。3DSのリメイクは本当によくできててびっくりした。これ大画面で遊びたかったな。またリメイクなりなんとかしてくれないかな。

スターフォックスは2とガード以外全部やってるんですが(ガードは持ってるんですけどまだ封開けてない……)結局これに帰ってきちゃう。初代もいいよね!むずかしいけど。

個人的にはアドベンチャーもアサルトも良かったけど、やっぱり私は64が好き。スターフォックスコマンド!しらねえなあ! のちのちちゃんと零が発売されて本当によく持ち直したなと……零も面白いよ。Switchに零移植してくれないかなあ。

最新作はスマブラと言われがちなスターフォックスの皆さん。amiibo買ってよかった。

結局64がよく出来すぎていて何を作っても64と比べられてしまうというセルフ超えられない壁がありすぎるのよな。

ところで零のWiiUゲームパッドのマイクで聞く音声めちゃめちゃいいんですよね。うわ~~!!無線通信してる~~!!って臨場感、あれはたまらないです。零、WiiU持ってる人は本当やってみてください。あれはなかなかの感動体験ですよ。ちなみにゲームパッドだけでクリアもできます。私はやりました。

 

 

<漫画>

幽遊白書

魔界の扉編(仙水編)が好き 仙水編は闇が深い登場人物が多くて読みごたえがある 御手洗くんが一番好きなキャラクターです 彼は強いひとだ

 

サイボーグクロちゃん

新装版でたの本当にめでたい 異世界サバイバル編がものすごく好きです 子供向け漫画でありながらちょくちょく真理だなと思えるセリフが登場するので人生の教科書みたいな作品ですね 私のメンタルがタフなのはこの作品に出会えたおかげかも

「おまえの人生クソゲーかどうか10年後に判断してもおそくはねーだろ?」

このセリフに支えられた少年は多いんじゃないですかね

「大切なのは――“なにになりたいか” じゃなく “どうなりたいか” だ」

「コタローはもう自分の世界を知りつくしたのか?」

コタローに対してのセリフは名言が多い コタローは読者に最も近い存在だしな

 

清杉マテリアル・パズル

キレッキレのギャグと一風変わったファンタジーバトル漫画 土塚先生のセンスが本当に好き コルクマリーが好き バレット王がめちゃめちゃカッコいい

 

 

星のカービィ デデデでプププなものがたり

通称ひかわカービィ ギャグセンスはこの漫画で育まれた 当時カービィがアニメになるってときに、このカービィがアニメになると思っていたのでズコー!!となりました アニメ版も好きですよ BDちょっとほしいな

 

かってに改蔵

こんな漫画小学生が読んだら頭おかしくなるに決まってるじゃないですか(黒歴史

 

カードキャプターさくら

初めてほしい~~!と思った少女漫画 芸術品 知世とさくらは永遠だよ 綺麗に描いているけど内容は結構刺激的だよな 小学生と恋愛しちゃう先生はまずいですよ!

 

Papa told me

哲学書 社会学 ゆり子ちゃんが大好き 将来はアリスカフェで働きたい 人生の教科書にしたい作品 もっと早く出会いたかった ゆり子ちゃんを目標に明日も頑張って生きていきます

 

DEATH NOTE

電子書籍はカラー版もあります 私はカラー版を持っています

犯罪心理学に興味を持ったのは本作の影響です 夜神月が嫌いなのでここに入れるか悩みましたがLと松田は好きなので入れることにします

 

聖闘士星矢

もはや何も言うまい

 

■ くちびるに透けたオレンジ

※成年向け 百合の聖書 憧れの女の子と自己同一化しようとする女の子の話 女性同士の恋愛感情が芽生えるきっかけってわりとこれ多そうなイメージある あと絵がすごく好き

 

やがて君になる

正しく人を好きになるとはどういうことなのか 人それぞれの心のあり方を見事に描き切った作品

 

<アニメ>

千年女優

千年女優 [Blu-ray]

今敏で一番好き 永遠に乙女を演じ続けるという女のロマン 毎年秋ごろになると見たくなり、自宅で上映会をしている この映画のせいでおかっぱボブをやめられない

 

ルーニー・テューンズ

特にチャックジョーンズのロードランナーが好き ショーのバッグスはインテリで好き スペース・ジャムもバック・イン・アクションもいいよね マービンが好きです

 

プリンセスチュチュ

2部の構成が秀逸 物語の中で物語が動いてる不思議な仕掛け 1話だけで判断するのは時期尚早なので絶対通しで見てほしい BD化応援の投票はしましたが肝心のBDデッキを持っていない

 

キャシャーンSins

哲学(生と死) ただ生きればいいってもんじゃないんだよな MOTHER3とかロックマンゼロ4とか、永遠の生って私にとって大きなテーマっぽい

 

スイートプリキュア♪

ここまで優しい物語にしたプリキュア当時なかったと思う 震災の影響があったっぽい ハミセイ尊い ハミィが人型にならなかったの英断だったと思う ハミィはハミィのまだからセイレーンもセイレーンでいられるんだよなうんたらかんたら

 

十兵衛ちゃん -ラブリー眼帯の秘密-

おふざけっぽいタイトルでありながら本格バトルでカッコよかったし家族のあり方もよかった そして音楽がいい 2期は見てない 先輩がカッコ悪くなっててショックを受けたので見てない

 

美味しんぼ

美味しんぼのためにネットフリックスに月1000円払ってる 海原雄山も山岡さんもかわいいね 雑学が増えるので会話の種にもなるかもしれない なんでも受け売りはよくないけどね

 

ロミオの青い空

違法労働反対 昔はこういう社会だったんだよねということを知る貴重な資料 こういうアニメは現代も必要だと思うので世界名作劇場復活してほしいな

 

すべてがFになる

原作ファン 完成度がめちゃくちゃ高かった……完璧でした 全体的に色合いが冷たい感じなのがよかったな 通しで5~6回くらい見た

 

聖闘士星矢 冥王ハーデス十二宮編

DVD-BOX持ってる 半端じゃなく作画クオリティが高い 東映アニメーションの宝ですよこれは

 

お題「好きなシリーズもの」

趣味の万年筆の話(ペンの持ち方がおかしい)

 

今日は趣味の話。

最近ファーバーカステルのGrip2011万年筆を安く買えたので、インクを通してみた。ついでにドライアップ気味になっていたペリカンM200と、インクを抜いていたサファリにもインクを入れる。サファリの軸は割れているが、マスキングテープを貼って使い続けている。

 

 

紙はLIFEの無地を使用。透けて見えるマス目は1㎝方眼下敷きです。ダイソーで売ってます。見出しつきで便利です。

 

色温度違うのごめん。変な字でごめん。縦幅1㎝方眼内に収めてます。

 

字幅はそれぞれこんな感じ。比較用にプラチナ万年筆のプレピー(プレジールの軸に換装しています)の一番細い字幅である02を置いてみた。プレピー02は私の手持ちの中で一番細い。同社の#3776センチュリーのUEFより若干細い。センチュリーのペン先がやや横幅があるのに対して、プレピーは点である。私のプレピーが超大当たりの極細かつフロー安定個体なのかもしれない。

 

と思っていたのだが、なんだGripのEFって国産レベルで細いじゃないか。なんだこれ。海外産の万年筆は大抵字幅が太いと思っていたが、これは結構なオーパーツなんじゃないのか。海外のEFってこのサファリ~もう少し太いくらいがスタンダードだと思ってたのに。

 

まあインクを通したばかりでインクフローが潤沢じゃないのかもしれない。上記の文字を書く前に、書き出しのフローが安定するまで試し書きを一応してある。下の画像の通り。

 

 

Pelikan と紫で書いた下のあたりでスルスルインクが出るようになった。思ったより結構時間がかかった。その下の青っぽいところがプレピー。何か月か使用していなかったけれどさすがスリップシール機構はドライアップに強い。まるで乾く気がしない。インク色は少し煮詰まってはいるが許容範囲。

 

書き心地はGripは少しイマイチ感がある。カリカリカリ、としていて万年筆らしくないというか、シャープペンシル的な書き心地がした。プレピーのほうが柔らかさがある。やはり私のプレピーは大当たり個体だと思う。ちなみにこの中での書き心地ナンバーワンはサファリ。サファリにコストパフォーマンスの高さで勝てる万年筆はあるのだろうか。サファリはもう一本持っているがそちらは少しイマイチ。まだ使い込んでいないから手になじんでいないのかもしれない。あるいはニセモノ……?

 

太字のところはペリカンのM200のBだけれど、これはしょっちゅう初手インクスキップする。私のひねりグセがよくない。これは意識して慣れるしかない。太字は扱いが難しいうえ使うポイントも限られていてほとんど使えていないので、いっそペンクリニックに出して極細に研いでもらったほうが活躍するかな、なんて考えている。吸入式の万年筆は大量にインクを吸入できて楽なので活躍させたいなあと思いつつ、ペントレイの中で眠り続けている。EFのニブに付け替えたこともあるけれどあまり活躍しなかった。EFでも太かったし、この太さならサファリ使えばいいな……となってしまった。サファリが強すぎる。

 

 

でも一番のお気に入りはこれ。パイロットのコクーンを、同社のペン習字ペンのニブに換装したものに、プラチナBBのインクを入れたもの。ペン習字ペンはペン芯もクリアカラーで綺麗なので、そのまま移植している。

プラチナBBはもう少し落ち着いたブルーだと好みなのだけれど、裏移りをまったくしないので、テキストへの書き込みなど重宝している。ちょっとした書き込みはゲルボールペンを使えばいいのだけれど、1ページ丸々埋まるような書き込みをすることもあるので、そうしたときに万年筆を使うと驚くほど手が疲れない。ゲルインクや低粘度油性インクは書き心地はいいけれどインクが爆速で減るので、必要になったらつぎ足しできる万年筆のほうが私は安心できる。

 

黒のほうはセーラー万年筆の極黒を入れている。あて名書きなどの水濡れ対策に使おうと用意したものの、あまり書く機会もないので気を抜くと写真のように乾燥気味になってしまうので、意識的に使わないといけない。使う時までインク抜いておくか。とても黒らしい黒で気に入っている。

 

コクーンはニブの種類がFかMしかないので、EFを使いたい場合こうして換装するしかない。数百円でできるとはいえもったいないので、通常ラインナップにEFが加わるといいな、と思う。

あと、コクーンは軸の段差が気になるという声を結構聞くが、私はペンの持ち方がヘンなので特に干渉しない。

 

 

幼少期に持ち方グリップやおにぎり鉛筆を使っていたのにこれだ。直そうと人前では意識してみるのだけれど、なかなか直らない。サファリのグリップすら無視してこの持ち方をするのだから私の手は相当頑固になってしまっているのだろう。こんなんだから接地面がシビアな太字を使いこなせないんだ。

今月の3冊 2022.01

f:id:sunayama_box:20220128130805j:plain

書店員のくせに実は私は読書が得意ではないのだけれど、今年は毎日読書をするぞと意気込んでみたら本当にほぼ毎日続いたし、月に3冊読むという自分史上なかなかないスピードで本を読むことができた。これは歴代でも最高かもしれない。今までの最高記録は『すべてがFになる』がドラマ化されると知ったときに大慌てでS&Mシリーズを読み漁ったときのことだ。ドラマ化されなかった箇所や四季シリーズはいまだに手を付けていないのだが、いいかげん読みたいところだ。Vシリーズを制覇するほうが早いかもしれない。Vシリーズは少ないしな。『恋恋連歩の演習』が好きです。森博嗣作品はとにかくギミックが面白いのと動機なんかなんでもいいんですと言わんばかりのスタイルが好きです。感情でなくパズル的に考える人間なら楽勝のミステリかもしれません。あと、紅子さんの「自分が殺されたくないから人を殺さない」というごくあたりまえの感覚・倫理観が好きです。ちなみに私は自力で犯人を当てられたことがまるでないタイプです。自分の推理で犯人を特定したら面白くないので……というのは、負け惜しみです。

 

さて!読んだ本を軽く紹介していきます。

 

▼ 1冊目

『ゆるくても続く~知の整理術』著者:pha 9784479307884

はてなブロガーとしても有名なphaさんの本。私は勉強というものに対してたいした努力をしたことがなく、それでも成績はまあいいほうだったので雰囲気で生きてきました。しかしそんな生き方を続けていると、20代の後半から「やばい私超ザコじゃん」と思う瞬間が訪れだしました。きちんと努力してきた人はやはり頭も心も強いのです。なので私も勉強しようと思ったのです。勉強したことは自分の武器にも防具にもなりますから。

phaさんの文章は私の肌に合うものがありました。まずタイトル・オビがそれでした。躊躇なく読める文章でスルスルと頭に入ってくるので意識として定着しやすく、ふとした日常にphaさんの話が活きてくるのを感じました。phaさんが言うことは私にとってマネするのが容易なこと、あるいはすでにやっていることがとても多いのです。勉強するってシンプルなことだったんだなーというのを教えてくれます。たぶんNe(外向的直観)の強い人向けの勉強法かなと思います。好奇心旺盛で飽きっぽいタイプ……でもちゃんと勉強したい!と思っている人におすすめ。はじめにの部分で大筋はすべて書いてくれているのも魅力的です。

読書が苦手だと感じている人がいたら、本書のp.109を読んでみると納得ができるかと思います。自分に合った作家を見つけるというのはとても大切ですね。人が面白いと言っていてもそれが自分に合う本かは読んでみなければわからないのです。私は本書を読んですぐに『しないことリスト』も買いました。2月か3月に読む予定です。

 

▼ 2冊目

DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件』著者:西尾維新 9784087804393

sunayama-box.hateblo.jp

エンタメですね。先日上記の記事で少し触れました。ジャンプコミックスの『DEATH NOTE』のスピンオフ小説です。これだけで完結しているので原作読んでいなくても読めるといえば読めるのでしょうが、絶対原作読んでからがいいです。読んでいるからこそ罠にかかり、読んでいるからこそ疑うことができると思います。

漫画の本編で見ることがかなわなかった南空ナオミさんの活躍と魅力を存分に楽しむことができます。ファンの方はぜひ。Lの捜査に対する姿勢がチラッと見られるのですがこれはもしかしたら賛否あるのかな、なんて思いました。らしくないっちゃらしくないかもしれませんが、私は結構好きですね。そうであってほしいという願望をここで昇華してくれた気がします。どんなに特別な才能や頭脳を持っていたとしても彼も人間なんですよね。そういう前提を忘れてはいけないなと思わされました。

news.livedoor.com

先日上記の女性セブンの記事を読んだのですが、ギフテッドと称される人々の苦悩が記されています。作中のLと犯人もおそらくそういうくくりに入るのだろうと思われますが、彼らは頭脳を使うだけのコンピュータではないというのはあたりまえのことです。食べたいものがあったら食べるし、出かけたいところがあったら出かける。知りたいと思ったことは知ろうとする。他人よりその度合いが極端だったり、独自の視点や思想を持って生きている。それだけのことなのではないかと感じました。

素晴らしい才能を持つ人はそれが伸びるような教育を与えようとアメリカ等で行われているギフテッド教育ですが、それは必ずしも彼らにとっていいことではないのかもしれません。才能があったとしてもそれを使いたいと思うかどうかは彼らの心次第。『黒猫の三角』の登場人物、瀬在丸紅子がそれに近いことを話していますので、興味があればぜひ。

“テストで、わざと間違えたことがありますか?”
森博嗣黒猫の三角』(講談社文庫)p.375 瀬在丸紅子によるセリフより引用

 

漫画版も非常におすすめです。美麗です。私はバーズコミックス版を持っています。

 

▼ 3冊目

『よくわかる思考実験』著者:高坂庵行  9784781680675

最近結構なペースで売れている新書です。思考の世界にどっぷりはまりたい人におすすめ。最初は面白く読んでいたのですが、だんだん理解不能な実験が増えてきて最終的に半分くらいよくわかりませんでした。あなたは理屈で世界を見ますか?それとも常識で世界を見ますか?どうも私は後者みたいです。

たびたび量子力学の話が出てくるのですが私にはまったくついていけない領域でした。わかったわかった(わかってない)理屈はいいからそれが現実でどうなるのかやってみようよと思ってしまう己の短絡さをひしひしと感じました。だってシュレディンガーの猫って屁理屈じゃん。このどう見ても屁理屈なのが理屈なんだよなあ。

普通に生きていると世界を疑うことってまるでなかったんだなと、自分の視点の凡庸さを感じずにはいられません。まあ一般的に標準な視点を持つことが平凡に生きる上では必要でもあるのでしょうが。しかし研究者の方なんかはこうした問題たちに挑み続けているわけで。そういう人々が世の中の常識をひっくり返してきたわけで。それってめちゃめちゃカッコいいですね。

むずかしいことは私にはよくわかりませんが、なんにしてもトロッコ問題のような野暮な話はやめていただきたいところです。そんなものは実際に起こってみないと私には判断しかねます。何を選択しても罪悪感しか得られないような人を苦しめる問題はやめましょうよ。そういうことがあるのが人生じゃないですか。白黒つけられないのが人生だとは思いませんか。という屁理屈を残しておきます。私のようなハンパな理屈屋が手を出すと、自分がいかに屁理屈野郎であるか思い知らされますよ。

 

以上3冊の紹介でした。どれも面白かったです。私は読んだすべての本に対して面白かったというので参考にならないかもしれません。だって知らないことを知るって面白くないですか?

今月は自分にしてはハイペースで読んだので、月1冊を目標にゆるく続けていきます。1日5分でも毎日本を読む。読まなかったら翌日10分くらい。案外続いています。月2冊読めば読書量平均を超えると言いますから、平均くらいは読みたいものです。

靴紐を煮た時の話

画像を探していたら懐かしいものが出てきたので、ここに載せてしまう。

 

私は年中ドクターマーチンしか履かないという呪いにかかっているのだけれど、磨くときに靴紐を取ろうとしたらボロボロになっていて取れない。仕方がないので切って、とりあえず自宅にあったスニーカーの紐を通してみた。

f:id:sunayama_box:20220128004632j:plain

クソダサくなった。

紐が長かったので切ってコブ結びをしたのがポイントです。ダサさに拍車がかかっていますね。ちなみにJAの紙は車にはねられた時の書類の封筒。

 

これはいかんと思ったが他に余っている紐がない。「染めればいいんじゃね」と思った私は、靴紐を染める方法を考えた。

 

紅茶でいいんじゃね?

色止めに使えるミョウバンはないが、とりあえず新しい靴紐を買うまでのつなぎくらいにはなるかもしれないと早速やってみた。

 

f:id:sunayama_box:20220128003725j:plain

うどんじゃん。

いやこれはダメだわ。思った以上に色がつかない。関東のうどんってこんな感じなのかなと、『ちびまる子ちゃん』のひろし特製うどんを思い出す。ちょっとこれは色変更しよう。

 

f:id:sunayama_box:20220128005517j:plain

じゃん。万年筆用のインクです。

 

f:id:sunayama_box:20220128005539j:plain

こんな感じの素敵な色です。万年筆のインクなら色も濃いし、いいんじゃない?

 

 

f:id:sunayama_box:20220128003736j:plain

あーあもうだめだこれ

しびれくらげの触手くらいの色になりました。数日それを履いて過ごしましたが、写真は撮っていません。記録すらしたくなかったみたいです。

 

結局買いました。前は黒だったのですが、茶色にしてみました。とってもかわいくなり満足しています。黒×黒だと作業靴感があったのが、黒×茶で抜け感が出るというか、カジュアルになりますね。とても気に入っています。(今かなり汚いので写真は載せません)

 

黒×黒といえば、ドクターマーチンのMONOがとてもかわいい。

ビジネスシューズとして履いてもよさそう。少し細身に作ってあるように見えるので女性でも履きやすそうです。すっきりしたファッションをしたいときに役立ちそうですね。磨きに磨いて鏡面仕上げにしてもカッコよさそう。私はズボラなので絶対傷だらけにしますが。

 

結局インクを排水に垂れ流す環境破壊にしかならなかったので、安易に「万年筆インクで染め物しよう!」とか思わないほうがいいです。自然は大切にしましょう。あと私は万年筆を普段から使う人間なのですが、それでもインクって大ボトルだとなかなかなくならないのでできれば小ボトルから始めたほうがいいですよ。っていうかカートリッジがいいですよ。私はパイロットにはプラチナBBを、プラチナとセーラーにパイロットを入れるのが好みなので、カートリッジに詰め替えるためにやむなく大ボトルを使っています。国内も共通規格ならいいのにね。

以上、備忘録でした。

おすすめ記事の価値を考える

最近のAndroidスマートフォンにはGoogleのおすすめ記事紹介機能が標準で実装されてるのだけれど、「おもしろそうだな」と思って見てみると続きは有料なことが結構多い。とくにビジネス系はそうだ。
有料記事の多くは新聞社や出版社などがお金をかけて記事を作成しているので、それらを読みたいなら対価を支払うのが本来なら普通だ。しかし昨今はどうだろう。広告掲載で収入を得て記事は無料というメディア・キュレーターサイトは増えているし、有志が趣味でやっているブログもあるし、SNSの発達で個人の発信を受け取ることも容易になった。わざわざ有料の記事を買わずとも、読んだ人の感想でなんとなく話の内容はわかってしまうなんてこともある。人の感想というバイアスのかかったものを自分の知識にしてしまうのは最悪のケースだ。その人は曲解をしていないか?自分の好きな人だから間違いないだろうなどと考えてはいないか?

無料で知識が得られることは決して悪ではない。知らなかったことを知るきっかけのハードルは低い方がいい。ビジネス書だっていきなり読むのは難しいと思うなら漫画版を読めばいいし、それで深掘りしたくなったら原典を読めばいい。最初の知識はYouTubeなんていうのも多いにありだし、実際とても詳しい人の話というのはどんなに高い本よりも価値があるのではないかと私は思う。要するに、内容が正確である・公平であるなど、メディアとしてふさわしい水準であれば、無料か有料かなど関係ない。こんな貴重な話をタダで聞いていいのか!と思わせてくれるような個人の発信者はたくさんいるのだ。
※ 有料であっても情報商材の誘導や政治思想の押し付けである場合もあるので、有料だから内容がいいとも限らない。しかもお金を払ってしまうと「これを買った自分は正しい」という思い込みが起きてしまいかねないので、軌道修正が難しくなる。選ぶメディアは気をつけるべきだ。ただ、なるべく多くのメディアの意見を頭にいれておいたほうが視野は広がるではある。批判するにはまず知ることが必要なので、アンチの方が詳しいというのはよくある話だ。ファンがアンチに転じるというのも知っているからこその結果である。

Googleのおすすめ記事を見ていて、続きは有料だったときにお金を払って読む人はどれくらいいるだろう。あまりいないのではないだろうか。私自身、ほとんどお金を払ったことがない。無料で読めるものだけを追っていくことはそこそこ楽しいけれど、得られる満足度はややとぼしい。書き手によってさまざまだが、やはりプロが書いた文章というのはある程度水準が高く、対価を支払うにふさわしいものが多い。新聞では限りなく短く要点がよくわかるように整理されているし、小説には贅沢なほどの表現が散りばめられていてひとつひとつのできごとが魅力的であるし、漫画の単行本などうまく展開に緩急がついていて1巻ごとに「おもしろかったなー」と思うことが多い。素人でもやってのける人はいるだろうが、執筆にあたって何人かの人が関わっていたり、別のプロの目でチェックされているものは完成度が高いと思う。「くだらない」「つまらない」「意味のない」ものが極力排除されているからだろう。ちなみに私はくだらなくて意味のないギャグが好きなので、すべてのものにこれをあてはめていいわけではない。くだらないからこそいいと思えるものもある。長々と書いたが要するに、プロが作ったものはおもしろい比率が高いのだ。

『新釈 走れメロス』は、くだらなくて意味のないギャグ小説であるが、文学へのいざないとしてなかなかの良作である。ブリーフ1枚で踊るなどちょっぴり下品な要素もあるが、そういうものに抵抗がなければオススメだ。きっと原典を読みたくなるだろう。(まだ読んでいないなんて言えないな)

「おもしろそうな記事だけど、有料か。見なくていいや。」というのは非常に惜しい。せっかく興味を抱いたのに、知ろうという気持ちを課金するかどうかでつぶしてしまうのは惜しいことだ。無数の記事があるインターネットで、より価値が高い可能性のある記事が読まれる比率が低いというのはもったいない話だ。
いっそすべての記事を無料にしてみては、なんてことは言わない。思いはするけれど、それでやっていけるならとっくにそうしているだろう。有料記事というのは「私達はお金を払う価値のある記事を書いています」というプライドでもあるだろうし。

価値のある記事が有料ならお金のない人は無知でしかいられないのではと考えたが、そうとも限らない。図書館では新聞が読めるし、本屋では長時間は控えてほしいが立ち読みができる。人に本を借りることもできる。国会図書館や大学の図書館に行かないと読めないような本はいまのところ自力でがんばるしかないけれど、結構多くの知識は身近なところで得ることができる。ちなみに今後は国会図書館の蔵書はデジタル閲覧が可能になるそうなので、もう「読む手段がないから」というのは甘えの時代がやってくる。デジタルデバイスを持っていることというハードルはあるが、知識がないのはやる気がないからと言って差し支えない程度に贅沢な話になる。(さすがに暴論かもしれないと内心おびえている)

私たちは知ろうとすることができるが、一生のうちに知ることができる時間は限られている。興味のあることに時間を費やせばいいと思うが、できればウソやごまかしのない正しい知識を仕入れたいものである。

追記
読書ってはじめるまでが一番だるいんですよね(私の場合は)。読み始めたらとまらないので、やる気の問題なんですよ。あと時間と体力の問題なので、時間と体力がある10代のうちにたくさん本を読んだ人はつよいですよ。習慣づいているというのもとてもいいことです。大人になると習慣を変えるのはなかなか大変なことですから。